イントラレーシックと角膜の仕組み

イントラレーシックについて

現在、人気の手術法でケラトームレーシックでフラップを作成するのにマイクロケラトームを使用しているにの対して、イントラレーシックでは、「イントラレーザー」と呼ばれる機械でフラップを作成します。

 

マイクロケラトームでは、カンナ状の刃で角膜を切り取りますが、イントラレーザーでは、レーザーにより角膜を切り取ります。

 

レーシックは“角膜を削る手術”を行う為、手術後の経過や完治後の状態が執刀医の技量に左右されてしまいます。

 

しかし、他のレーシックと比べると、角膜の切り取りをレーザーによって行うことで正確な切り取りが行えるようになる為、執刀医の技量に左右されないという利点があります。

 

フラップが正確に切り取られるということは、正確に戻すことも容易になる為、フラップを戻した後の治癒にも大きな影響があります。

  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • ウィペット

  •  
    HOME イントラレーシックについて イントラレーシックの特徴 眼の構造 角膜の仕組み 眼の健康のために