イントラレーシックと角膜の仕組み

眼の構造

普段は無意識のうちに”眼”から情報がはいってきていますが、“モノが見える”には、光が眼球に入り、その光を脳が電気信号によって受け取り、その信号によって脳が映像として処理するという行程が必要になってきます。

 

段階ごとに簡単に説明すると、

 

1. モノから反射された光が角膜に到達

 

2. 光は屈折をして角膜を通過

 

3. 屈折された光が水晶体に到達

 

4. 毛様体と呼ばれる筋肉により、水晶体の厚さを変えて屈折力の調整を行う

 

5. 調整された屈折により光が水晶体を通過

 

6. 屈折された光が硝子体を通過し、網膜に収束

 

7. 網膜にある視細胞の悍体と錐体が明るさと色を認識して電気信号に変換

 

8. 電気信号は視神経を通り脳へ送られ映像として処理・認識を行う

 

これらの行程を経て、“モノが見える”と認識されるようになります。

  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • AGA 静岡

  •  
    HOME イントラレーシックについて イントラレーシックの特徴 眼の構造 角膜の仕組み 眼の健康のために