イントラレーシックと角膜の仕組み

角膜の仕組み

角膜とは、眼球表面にある透明な無血管組織で“黒目”の部分を覆って眼球を保護しています。

 

角膜には、眼球に入ってきた光を屈折させる役目があり、レーシックなどの手術では、この角膜を矯正することで、屈折異常による視力低下を快復させます。

 

角膜の一番表面は角膜上皮という層で覆われいて、これにより眼球が保護されています。

 

、厚さ50μmという厚さしかありませんが、角膜の中で唯一再生機能を持っており、常に傷つく危険性にあることから、非常に高い再生能力を有しています。

 

角膜の大部分の90%をしめるのは角膜実質層と呼ばれる層で、5層からなる角膜の中間に位置しており、角膜上皮と異なり再生機能を持っていない組織になります。

 

レーシックでは、この層の厚さを変える(切除する)ことで屈折異常を矯正して視力快復を行います。

  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • 包茎 名古屋

  •  
    HOME イントラレーシックについて イントラレーシックの特徴 眼の構造 角膜の仕組み 眼の健康のために